工場

サイトマップ

塗布するのに煩わされない使いやすい離型剤を選んで使おう

大量のねじ

もしも製造する現場でフッ素コーティングの離型剤を使いたい時は、できる限り塗布の簡単なタイプを選ぶのがおすすめです。製造現場ではいろいろな物を使って製造を行いますが、それらの中に含まれるのが離型剤です。メヤニ抑制やメヤニ防止のために使われることもあるフッ素コーティングの離型剤は、製造現場にこそ活躍の場があります。

ただその離型剤といっても多種多様ですので、やみくもに何でもいいから選べばいいというわけではありません。選ぶならこだわったうえで使いやすくて質の良い離型剤を選んだほうが、製造現場にとっては嬉しいはずです。メヤニの発生を抑制する離型剤の中には思いのほか簡単に塗布できるタイプの使いやすい離型剤がありますので、それなら塗布するのに苦労するようなことはありません。離型剤は扱いやすいに越したことありませんから、その点を踏まえながら選ぶことが実は大切です。

製造現場において物の使いやすさは現場で作業する人にとって大きく影響することもありますから、使いやすさを軽視するのはいいことではありません。それは離型剤においてももちろん同様で、なるべく簡単に塗布できるものを選んだほがいいです。簡単に塗布できるものを選べば、利便性に優れていて扱いやすいです。これで作業効率を抑制している要因をひとつ取り除くことができます。

フッ素系離型剤の使用でゴム製品等を綺麗に形造ることが出来る

ゴムやプラスチックを使ったモノづくりのビジネスを新たに立ち上げるなら、安価に良質の原材料を入手するルートと並行して、優れた離型剤を調達する方法も真剣に検討しましょう。おすすめは、フッ素系離型剤と呼ばれるフッ素コーティング剤を主成分として使ったもので、これがあれば、小型製品や薄型製品を作る場合も、比較的簡単に綺麗な形を造ることが出来るでしょう。
プラスチックやゴムの製品を綺麗に形造るには、二つのステップを考慮する必要があります。最初のステップは、無定形の原材料の形を整えるところで、ここでは金型が主な役割を演じます。ただ、この段階でも、離型剤によってはメヤニが出るものと出ないものがあり、フッ素系離型剤はメヤニを抑制する特徴があります。メヤニを抑制することで作業効率がアップします。従って、第一ステップにおいては、フッ素系離型剤が便利と言えます。
次に、成形物と金型を分離するステップがありますが、ここでの主役は離型剤です。離型剤の効果が高ければ、スリムな製品や小型製品でも、さして力を加えることなく簡単に金型からの分離が可能です。この点においても、フッ素コーティングによる非粘着性を生かしたフッ素系離型剤は優れた効果を発揮してくれます。
成型工程全般を通じて、綺麗な形造りに適した効果とメヤニ抑制の効果の特徴を持つフッ素系離型剤を是非採用するといいでしょう。

効果の高い離型剤を塗布すれば成形が難しいゴム製品も綺麗に作れる

製品と一口に言っても、単独で機能を発揮する製品もあれば、部品として使われることで役立つ製品もあります。いずれの場合も、ゴムやシリコンが原材料として使われているものは非常に多く、中にはとても複雑なものや、極薄、或いは極小の製品もあります。シリコンにせよゴムにせよ、こうした製品を作るためには金型による成型という工程を経る必要がありますが、その際、使う離型剤を上手く選択しないと、成型・離型の失敗が多発して生産効率が抑制される可能性があるので注意が必要です。
例えば、細長くとがった形状の製品を成型するのに、離型剤で成形物が汚れたり、メヤニができやすい離型剤だったらどうでしょうか。壊れやすい形状の成形物を金型から何とか分離出来たとしても、メヤニの抑制や成形物から離型剤を洗い落とす作業の途中で、製品をポキリと折ってしまう可能性があります。この点、フッ素系離型剤を使うと、メヤニも抑制できて成形物に離型剤が転移することを心配する必要もありません。また、フッ素コーティング剤を使ったフッ素系離型剤は、ごく薄い塗膜でも十分に効果があるため、スリムな製品を形造る金型のごく狭いすき間に塗布しても、綺麗な成型・離型が出来るでしょう。


有機溶剤、不燃性溶剤、水性などお客様のご要望に細かく応えるべく様々な仕様をご用意しています!【フロロテクノロジー】の離型剤を活用して製造過程で生じるメヤニを抑制しましょう!スプレーや刷毛で簡単に塗布できて再塗布時も重ね塗りするだけととても扱いやすいですよ!

離型剤のお陰でゴムパッキンの交換が簡単に出来る

自宅キッチンで普段から圧力鍋を使っている人は大勢いるでしょう。圧力鍋は、鍋だけでは圧力鍋としての効果をフルに発揮することは出来ず、鍋蓋、特に、鍋の内圧を高めて維持するためにゴムパッキンが果たす役割が、要中の要と言えます。それだけに、圧力鍋を酷使するとゴムパッキンは劣化しやすくなり、劣化したパッキンは使えないばかりか危険でさえあります。そんな時は、全く同じサイズ、同じ形のゴムパッキンに交換すれ…

引火性のない離型剤を使えば現場スタッフが安心して作業に専念できる

職場の安全性が確保されていないと、そこで業務に従事するスタッフが仕事に集中することが難しくなります。シリコンやゴム製品を作るためには、金型を使った成型作業が必要ですが、こうした現場に引火性液体が大量にあったらどうでしょうか。作業スタッフは、いつ出火するかと気が気ではなく業務効率も落ちるでしょうし、集中できないことからくるミスも多発するでしょう。成型作業を行う現場でこのような事態が考え…

ワックス系と比較すると際立つフッ素系離型剤の使い易さ

フッ素コーティング剤を成分として使ったフッ素系離型剤は、特に現場で成形作業に関与する人達からの人気が高い製品です。その理由としては、メヤニが生じにくいことや、引火性がなく安全な製品が使えること、連続離型に耐える力が強く何度も塗布し直ししなくても大量の成型をこなせるといったものがあります。しかし、フッ素系離型剤が現場で使いやすい理由としては、もう一つ、クリーンに作業できるというものがあります。…

薄型製品を製造するならフッ素コート剤専門メーカーで離型剤を買おう

プラスチック製品等の製造販売に従事していて、今後、消費者のニーズや好みに合わせてより薄型の製品を作ろうと検討中なら、離型剤の見直しが必要になるでしょう。薄型製品は成型・離型が難しく、高い離型効果を発揮する離型剤を選択しないと、生産効率が大幅にダウンしてしまいます。こうした製品の成型にはフッ素コーティングの特長を活用したフッ素系離型剤を採用するのが最善策ですので、フッ素コート剤専門メーカーから…

TOP